メガドライブ 名作ゲーム

メガドライブの名作ゲームを大特集!

メガドライブには名作と呼べるゲームがたくさん存在します。

 

しかし、当時はメガドラをプレイしたことのないゲームユーザー(特にスーファミユーザー)からは馬鹿にされることが多かったんです。

 

彼らは、いつも上から目線でメガドラ(セガ)のことを非難するんですよね。プレイしたことがないくせに。

 

そこで、このサイトではメガドラの名作ゲームを一覧にしてご紹介します。

 

ロールプレイング

 

メガドラソフトの中で、一番のウィークポイントであるロールプレイングゲームをあえて最初にご紹介します。

 

メガドラはRPGの数が極端に少なく、しかもクソゲー率が高かったりするのでタチが悪いです。

 

そんな中でも名作RPGは確かに存在しているんです。

 

ファンタシースターU 還らざる時の終わりに

ファンタシースター2

メガドラ初のRPGであり、次世代機のパワーを見せつけてくれた名作RPGです。

 

戦闘シーンで敵キャラや味方のキャラクターがアニメーションしまくる姿を見て感動しましたが、ゲームの難易度はかなり高いです。

 

エンカウント率が極端で敵が固すぎたり、ダンジョンが複雑でマッピングをするのも苦労する広さや、アイテムの隠し機能を駆使することで低レベルでもクリアできるなど、ゲームバランスが崩壊している部分もありますが、メガドライバーにとっては心に残る名作です。

 

ソーサリアン

ソーサリアン

パソコンの名作アクションRPGの移植版ですが、シナリオは全てメガドラオリジナルになっています。

 

寿命の概念があり、それがこのゲームを難しくしているのですが、不老不死にすることで、ある程度はシナリオを攻略することができます。

 

しかし、サンゴの音を再現させるシナリオは絶対音感が無いと不可能です。攻略本を見てもかなり難解で、メガドラ版はシリーズ最高難易度と言われています。

 

 

新創世記ラグナセンティ

新創世記ラグナセンティ

ゼルダの伝説チックなアクションRPGです。ほぼパクリなので面白さには定評があります。

 

RPGが弱点だったメガドラをテコ入れするために「メガロープレプロジェクト」を発足させたのですが、その第1弾がひたすら草刈りするRPGです。

 

まさかのゼルダのパクリが第1弾ということで驚きましたが、メガドラらしくない淡いグラフィックとかわいらしいキャラクター、盛り上がるシナリオなど、本家に負けないぐらい面白いです。

 

 

 

ファンタシースター 千年紀の終りに

ファンタシースター4

ファンタシースターシリーズ最後の作品で、完成度はかなり高いです。メガドラ最高のRPGです。

 

過去のシリーズでの悪い点を全て取り除いていて、難易度もそれほど高くは無いので、ゲームの展開はスピーディーに進んでいきます。

 

シナリオも作りこまれていて、重要なイベントが発生した時には漫画風のコマ割画像がアニメーション風に挿入されていきます。

 

感動のエンディングでは涙した人も多いでしょう。シリーズ最後にふさわしい名作です!

 

ルナ エターナルブルー

ルナ エターナルブルー

前作のLUNARはメガCDの中でも屈指のRPGなのですが、続編であるエターナルブルーは、さらに高い評価を得ています。

 

前作で物足りなかったムービーの短さが改善され、オープニングムービーやイベントムービーが数多く収録されています。

 

シナリオの物足りなさも改善されています。本編もかなりのボリュームなのですが、クリアした後に続きのシナリオがプレイでき、真のエンディングを堪能することができます。

 

間違いなくメガCD最高のRPGと言えるでしょう。

 

 

シューティング

 

現在ではマイナーなジャンルになってしまいましたが、メガドラ全盛期の1990年代前半では最も熱いジャンルでした。

 

メガドラで数多く存在するジャンルでもあります。

 

昨今ではシューティング自体が化石化してしまって、ゲームセンターや家庭用でも新作を見ることが極端に少なくなってしまいました。

 

シューティングの醍醐味を味わいたいのであれば、もう一度メガドラを見直すのも良いかもしれませんね。

 

サンダーフォースU MD

サンダーフォース2

記念すべきメガドラ初のサードパーティー製のソフトで、しかもシューティングゲームとしての完成度はかなり高いです。

 

パソコンでは技術力の高さで知名度のあるテクノソフトなので、その辺はそつの無いところを見せつけてくれました。

 

X68000版の移植になっていて、さすがに完全移植とは言えませんが、ゲームの面白さを損なうことなく再現しているところはすごいと思います。

 

メガドラ初期に、ここまでのクオリティーを発揮するところがテクノソフトのすごさです。正直技術的には本家のセガ以上だと思います。

 

サンダーフォースV

サンダーフォース3

前作で不評だったトップビューを廃止し、すべてのステージがサイドビューになったことで、スピーディーな展開になっています。

 

メガドラの性能を最大限に発揮したグラフィックやサウンドに大興奮したメガドライバーが続出した作品です。

 

特にラスタースクロールの炎の背景が話題になりました。

 

スーファミにも移植されましたが、散々なできになっていました。メガドラの処理速度がスーファミに勝っていることを実感できた数少ない事例です。

 

スーパーファンタジーゾーン

スーパーファンタジーゾーン

サン電子からファンタジーゾーンの続編が出ると知って嫌な予感がしたメガドライバーは多いと思います。

 

しかし、その悪い予感は的中しませんでした。前作の雰囲気をうまく引き継いだ素晴らしい作品になっています。

 

続編を作ることが下手なセガがよりもサードパーティーのサン電子が作った方が名作になったという、ちょっとした皮肉ですね。

 

さりげなく背景が3重スクロールしていたりするなど、技術力も素晴らしいです。最大の魅力はサウンドテストで前作のBGMを全てFM音源で聴けることです。

 

サンダーフォースW

サンダーフォース4

テクノソフトのメガドラ集大成というべき作品で、この作品がテクノソフト最後のメガドラ作品となってしまいました。

 

グラフィックはメガドラの性能をはるかに超えています。最初のステージから背景は何重にもスクロールしていて、色数もメガドラとは思えない程のカラフルさです。

 

ゲームのクオリティーは最高のものになっていますが、難易度が高すぎる上にボリュームが多すぎて、クリアするのに1時間近くかかってしまいます。

 

ゲームバランスは前作のサンダーフォースIIIに比べると劣ってしまいますが、トータルで見ると名作に違いはありません。

 

 

ナイトストライカー

ナイトストライカー

アーケード版をプレイした人なら、当時の家庭用機に移植するなんて絶対不可能だと思ったはずです。

 

メガCDにはスプライトの拡大縮小処理ができるので、移植が可能になったのですが、それでもドットが粗く、完全移植には程遠い内容でした。

 

しかし、操作性に関してはほぼ完璧な移植になっていて、熱狂的なファンの中には、ナイストの為だけにメガCDを購入したつわものもいたほどです。

 

プレイ感覚はアーケード版そのままと言って良いですね。

 

シルフィード

シルフィード

当時はポリゴンゲームがかなり珍しい時代でしたが、家庭でこれだけのレベルのポリゴンシューティングを遊べるとは予想もできませんでした。

 

背景のポリゴン処理がスゴ過ぎて、背景に見とれていてミスすることもあったぐらいです。

 

ゲームのシステム的には、従来の縦シューティングとあまり変わらない古典的なものですが、バランスが良く適度な難易度です。武器の選択が最大のポイントになります。

 

スーファミユーザーに自慢できる数少ない作品です。

 

サンダーホーク

サンダーホーク

ヘリコプターの3Dシューティングゲームなのですが、ヘリを操作する感覚が爽快で気持ちが良いゲームです。

 

CGで描かれた空間を高速で駆け抜ける爽快感を一度でも味わうと、誰しもが癖になります。これだけの処理をこなしているのに、ステージ中はCDのデータ読み込みが全くありません。

 

自機を360度グルグル動かすことができ、敵だけではなく地上物の木や植物までも破壊できるのでストレス発散にはもってこいですね。

 

一般ユーザーだけではなくメガドライバーにもあまり知られていない、隠れた名作だと言えるでしょう。

 

スペースハリアー

スペースハリアー

メガドラにスーパー32Xという高性能ブースターを装着することによって、スペースハリアーの完全移植が現実のものになりました。

 

グラフィックやBGMや操作性など、すべてにおいて業務用と比較しても遜色のないできに、感動したメガドライバーも多かったと思います。

 

32X版スペースハリアーが発売された時には、既にセガサターンが発売されていましたが、スペハリの完璧版が家庭でも遊べるということで32Xを購入した人も少なくないはずです。

 

 

アクション

 

メガドラではシューティングと同じぐらい数の多いアクションゲームなのですが、個性的なソフトが多いのが特徴です。

 

アーケード版からの移植だけではなく、オリジナルの名作のも多数存在します。

 

世界的に有名になったソニックをはじめとして、良作から駄作まで、飽きさせないラインナップが魅力ですね。

 

大魔界村

大魔界村

カプコンのアーケードの名作がメガドラに移植されました。

 

移植を担当したのはソニックを生み出した天才プログラマーの中裕司さんです。中さんでなければ、これだけの移植を達成するのは難しかったでしょう。

 

あまりにも完成度の高い移植だったので、大魔界村をプレイしたいがためにメガドラ本体を購入する人が続出するほどでした。

 

難易度は激高で、2周しないと真のエンディングが見れないのはシリーズ共通です。

 

ザ・スーパー忍

スーパー忍

見た目どおり、難易度が非常に高い硬派なアクションゲームです。裏技で手裏剣を無限に使えるようにしても、真のエンディングを見るには、相当な鍛錬が必要になります。

 

アクションゲームとしての完成度の高さもさることながら、やはり注目なのはBGMだと思います。古代祐三さん作曲の音楽が最高で、特にボス戦のBGMはかっこ良くて印象に残っています。

 

著作権を無視して有名キャラクターを使っていたこともあり、後からキャラクターが変更されたマイナーバージョンが発売されたことも、メガドライバーには語り草になっていて、いろんな意味で伝説になったソフトだと言えます。

 

重装機兵レイノス

重装機兵レイノス

発売されて何年経っても色あせない名作中の名作です。

 

敵の動作パターンが一定ではないため、自分の運動神経を信じてプレイしなければなりません。それが目新しかったですね。

 

今までの覚えゲーの経験が全く通用しないので、自機の操作性をマスターするまでは最初のステージをクリアするのも困難ですが、その難しさが逆にクセになります。

 

ストーリーも練りこまれていて、そのストーリーを盛り上げる演出が最高です!難しくてもプレイしたくなる原動力になっています。

 

 

マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー

マイケルジャクソンズムーンウォーカー

マイケルを操作しているだけで大爆笑を誘う、あるいみ伝説的なアクションゲームです。「ポゥゥゥ」と奇声を上げながら階段を滑り降りていく様を見たときには、腹を抱えて笑いましたね。

 

アクションゲームとしては、マイケルの操作性が良く、次々と敵を倒していく姿が爽快です。

 

敵と一緒にダンスを踊ることで敵を倒したり、流れ星を取ることでマイケルがロボットに変形するなど、ぶっ飛んだ内容が何とも言えませんが、これがカルト的人気を誇る理由です。

 

ストライダー飛竜

ストライダー飛竜

カプコンの名作横スクロールアクションの移植版です。

 

キャラクターの大きさやグラフィックの美しさに目がいきがちですが、肝心の操作性に関してもアーケード版に引けを取らないデキになっています。

 

途中でデータ読み込みのために、一瞬画面がストップしてしまいますが、そのマイナス部分を補って余りある完成度を誇ります。

 

「承知した-。」の名セリフは今でも思い出すと吹きだしてしまいますね。

 

ソニック・ザ・ヘッジホッグ

ソニック・ザ・ヘッジホッグ

世界中の人が知っているセガの代表的アクションゲームです。

 

そのスピード感もさることながら、リングをひとつでも持っていれば、敵に接触しても即ミスにならないというアイデアが秀逸です。スペシャルステージを見たときは度肝を抜かれました。

 

難易度はそこそこ難しいですが、やり込めば誰でもクリアできる絶妙なバランスになっています。

 

ただ、真のエンディングを見るにはスペシャルステージでカオスエメラルドを全て取得しないといけないので、敷居が高くなっています。

 

ベア・ナックルU 死闘への鎮魂歌

ベアナックル2

メガドラのセガオリジナル横スクロールアクションゲームの中では、最高傑作の名を欲しいままにしているソフトです。

 

続編の作成が下手なセガが、めずらしく続編で大ヒットを飛ばしました。前作のファンも納得のデキになっています。

 

アクションゲームの爽快感を十分に味わうことができ、友人との二人プレイも盛り上がること間違いなしです。

 

古代祐三さんの渋いBGMにも注目です。ヘッドフォン着用は必須条件ですね。

 

ニンジャウォーリアーズ

ニンジャウォーリアーズ

アーケード版の3画面アクションゲームをメガCDに移植した名作です。名物である巨大戦車もしっかり移植されています。

 

グラフィックはアーケード版に及ばないものの、BGMはZUNTATAサウンドを忠実に再現しています。三味線の音色も当然聴くことができます。

 

BGMに関してはアーケード版だけではなく、アレンジ版も選択することができる豪華さで、これだけでもプレイする価値はあると思います。

 

プレイ感覚もアーケード版に遜色なく、安心してプレイできます。

ストリートファイターUダッシュプラス

ストリートファイター2ダッシュプラス

もはや説明不要の対戦格闘ゲームですね。メガドラ版だけオープニングが再現されています。

 

ただ単にダッシュを移植するだけではなく、ターボを基準としたエキサイトモードや他機種には無いグループバトルモードを追加するなど、お得感満載です。

 

24メガという大容量を使っていて、グラフィックは良い感じですが、ボイスが風邪を引いた感じでしゃがれて聞こえる点がマイナスです。BGMはFM音源をフル活用しているのでアーケード版により近い形になっていてカッコイイです。

 

ファイティングパッド6Bは必須なので要注意です。

 

 

レース

 

メガドラではレースゲームはかなり少ないです。オリジナルのレースゲームはほとんどありません。

 

その代わり、アーケードからの移植がメインになっていて、ゲームセンターの名作をメガドラで楽しむことができます。

 

セガの代名詞とも言える体感ゲームを堪能してください。

 

スーパーモナコGP

スーパーモナコGP

「ワールドチャンピオンモード」というメガドラオリジナルのシナリオが良くできていて、やりこみ要素満載です。

 

肝心のアーケードモードに関しては、グラフィックがかなりシンプルになってしまっているので、完全移植にはほど遠い内容になっています。

 

純粋に移植を期待していた人にとっては残念な結果になってしまいました。

 

しかし、ワールドチャンピオンモードのデキが良すぎるので、マイナス部分を十分に補っている名作です。

 

アウトラン

アウトラン

セガ体感ゲームの代表作とも言えるドライブゲームがメガドラに移植されました。

 

ビッグゲートも忠実に再現していて、移植度に関してはかなり高いです。唯一の欠点は、自車のエンジン音が鳴らないことだけですね。

 

PCエンジン版アウトランと比較しても、そのデキはメガドラ版の方が数段上だということが分かります。

 

ネームエントリーで6文字入力できる細かい配慮が個人的には好きですね。アーケード版は3文字入力でした。ENDINGと入力するだけでエンディングが見れる裏技もありました。

 

バーチャレーシング

バーチャレーシング

メガドラにはポリゴン機能が無いので、典型的な無茶移植だったのですが、その完成度の高さに驚いた記憶があります。

 

セガバーチャプロセッサを搭載することで移植が可能になったのですが、その副作用として、カードリッジが変な形になってしまいました。それはご愛嬌ですね。

 

VRボタンも忠実に再現していますが、ポリゴンが少なくて画面が粗く、特に運転席の視点「VR1」が見づらくなっています。

 

それでも、アーケードの最新ゲームをメガドラで堪能できただけで大満足でした。心に残る名作です。

 

ヘブンリーシンフォニー

ヘブンリーシンフォニー

フジテレビとのタイアップゲームで、1993年のF1が舞台になっています。川井一仁さんが監修しているとあって、細かいところまで作りこんであります。

 

メガドラでは珍しいオリジナルレースゲームで、オープニングのムービーから力の入ったデキになっています。サーキットの解説はクリスペプラーさんが担当しています。

 

スーパーモナコGPのシステムが基本になっていますが、難易度はかなり高いです。ここまで本格志向のF1ゲームはなかなか珍しいと言えます。

 

フジテレビとのタイアップということもあって、細かいデータや、全て実名を使っているなど、リアルさを追求していますが、唯一アイルトン・セナだけが出演していない点が残念ですね。